初、お留守番

この記事は2分で読めます

ファミリーサポートの援助活動をしました。
1歳4か月の男の子♡ ママから離れての5時間のお留守番をサポート
させていただきました!

まずは、大切なお子様を自宅でお預かりをするので
ママが居ないぶん  ケガなど させては大変と少しばかり緊張感に見まわれます。
お子様と1対1で過ごすのは、保育所の週末勤務の日は大抵1対1なので大丈夫なのですが
ママとバイバイする瞬間に泣かないかと心配でした(>_<)  でも、H君 偉いです
泣かずにお留守番ができましたよ~(^_-)

実は、今日のサポートちゃん(1歳4か月)H君!
ひとやすみ  第1号のお客様の  H君なので~す。
H君ママは、2度程 ひとやすみ「おしゃべりタイム」をご利用して下さっていていたので
H君もスムーズに わたしとお留守番することが出来ましたよ。

H君のママは、切迫流産になってしまい 病院受診と身体を休めるための
ファミリーサポートの援助を受けました。

ママは、病院受診は仕方ない援助だと思っておられますが  自身が病院受診を終らせ
自分の身体を休める為に自宅に戻り 身体を休ませてからH君のお迎えが
ママ自身  とっても恐縮がられておられました。
ママは、大切なお腹の中の赤ちゃんを守るために 身体を休めているのだから
ファミリーサポートの援助を使って 自分の身体を休ませるのは 誰にも遠慮は要らない
と思うのですよ。

前にも、お伝えしましたが ドゥーラ仲間の1人(公子さん)が
「誰かにちょっとだけ委ねるのも  ひとつの育児の形」と言っておられましたよ。

わたしは、ママがゆっくり休む事で 身体も心もリフレッシュが出来たのなら  きっと
H君と接するのも  ママの心に余裕ができ 子どもと過ごす時間も余裕で過ごせると思うのです
ファミリーサポートの援助で 1時間でも2時間でも充電できるのであれば
ママは ご遠慮なくご利用くださいませ♡♡

そして今日、 H君もママもリフレッシュ出来き 充電が満タンの状態になれば
明日から、またママは力を張らずに育児に専念出来れば
わたしの今日の援助活動が成功したのかな~なんて 嬉しく思い 自己満足に浸ります。
(わたし  お役に立てた~~~w)

余談なんですが、 H 君がお昼寝をしている時に
昼食を食べに来た 主人  身体が覚えていたらしく
自身の子育て中に 子どもがお昼寝をしている時に 忍び足して歩いたのが
H君がお昼寝をしている姿を見て  直ぐに脳から命令されたらしく
わたしが「H君 寝ているので静かにして」と言う前に
忍び足で歩いていた主人でした~笑(^v^)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016 07.28

    スズメちゃん

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベント情報

 1月11日 10時〜12時

ベビーマッサージセラピストを招いて、 ベビーマッサージ教室を開催します。

詳しくはお問い合わせフォームから、お問い合わせ願います。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。